INTRODUCTION

救助現場は戦場だ!

海難レスキュー隊の勇姿を迫力満点で活写するノンストップ・ディザスター・ムービー!


海上で発生した災害現場へ真っ先に駆けつけ、自らの命を顧みず人命救助にあたる海難救助のエキスパートたち。常に死と隣り合わせである彼らの過酷な戦いと、大切な仲間や愛する家族との絆を描いた本作は、総製作費120億円をかけた超大作!メガホンを取るのは、『オペレーション・メコン』(16)、『オペレーション:レッド・シー』(18)を手掛けたダンテ・ラム。準備期間5年、撮影期間123日間を費やし、『タイタニック』(97)、『パール・ハーバー』(01)等の大ヒット映画のプロダクションデザインを手掛けたマーティン・レイン、『グリーン・デスティニー』(00)で米アカデミー賞撮影賞を受賞したピーター・パウと共に、メキシコにある約240mの巨大プールに、本物の飛行機を沈めて撮影を行うなど、史上最大規模の海上救難映画を作り上げた!

主演は、『-悟空伝-』(17)、『コール・オブ・ヒーローズ/武勇伝』(16)で知られる、台湾人の俳優エディ・ポン。本作のために7カ月にも及ぶ海上訓練を受け、ノースタントのアクションにも挑戦。激流や燃え盛る炎にも動じず職務を全うしようとする正義感の強い隊長であり、幼い息子をひとり育てる優しい父親ガオ・チエンを熱演した。さらに、ラム監督とは『激戦 ハート・オブ・ファイト』(13)、『疾風スプリンター』(15)、『オペレーション・メコン』(16)に続く4作目のコラボレーションを果たし、映画制作において最も困難な撮影と言われる水を大量に使った撮影シーンも、監督の指示を忠実に体現し、見事に演じたという。共演には、第66回ベルリン国際映画祭銀熊賞(芸術貢献賞)受賞の『長江 愛の詩』(16)に出演し注目を集めたシン・ジーレイが、女性パイロット役で共演。圧巻の救助シーンと、過酷な状況においても諦めずに救助に挑む隊員たちのドラマが胸を熱くさせる、ノンストップ・ディザスター超大作をスクリーンで体感せよ!

STORY

迫りくる未曽有の大災害に挑むヒーローたちの命を懸けた闘い!!

ジャンボジェット旅客機の海上着陸。油田掘削場の大火災。山岳でのタンクローリー大爆発。巨大タンカー大炎上──。

壮絶な災害現場で救助にあたる海難レスキューのエキスパートたち。
過酷な訓練の日々、激務にも揺るがない強い絆、愛する家族との葛藤、そして、大切な仲間の死──。

命の危機に晒される彼らに明日はやって来るのか──!!

CAST

エディ・ポン

1982年3月24日 台湾生まれ。13歳でカナダに移住し、台湾に帰省した際にTVディレクターにスカウトされ、台湾版TVドラマ「あすなろ白書」(02)で俳優デビュー。台湾映画『記録(原題)』(05)で映画デビューを飾り、ツイ・ハーク監督作『女人不壊(原題)』(08)で香港映画にも進出。『TAICHI/太極 ゼロ』『TAICHI/太極 ヒーロー』『コールド・ウォー 香港警察 二つの正義』(全て12)と超大作に立て続けに出演。14年からは歌手活動もスタートし、アルバム「非愛不可」をリリース。『グレートウォール』『おじいちゃんはデブゴン』『コールド・ウォー 香港警察 堕ちた正義』『コール・オブ・ヒーローズ/武勇伝』(全て16)、『-悟空伝-』(17)など、様々なジャンルに挑戦し続けているアジアの若手トップスター。本作は『激戦 ハート・オブ・ファイト』(13)、『疾風スプリンター』(15)、『オペレーション・メコン』(16)に続くダンテ・ラム監督とのコラボ4作目となる。最新作は巨匠アン・ホイ監督の『第一炉香(Love After Love)』(20)。

シン・ジーレイ

1986年4月8日 中国生まれ。『画皮 あやかしの恋』(08)のスタッフが再集結したドラマ版「画皮 千年の恋」(11)や、ぺ・ヨンジュン主演の韓国ドラマ「ホテリアー」の中国リメイク版「偏偏愛上你(原題)」(12)などで人気を博す。ミステリアスなヒロイン役に抜擢された異色のラブストーリー映画『長江 愛の詩』(16)が第66回ベルリン国際映画祭銀熊賞(芸術貢献賞)を受賞。武侠アクション映画『修羅:黒衣の反逆』(17)では美しき暗殺者を演じ、主演のチャン・チェンとともに剣術を駆使した見事なアクションを披露。ジョウ・シュン主演の大ヒット時代劇ドラマ「如懿伝〜紫禁城に散る宿命の王妃〜」(18)ではずる賢い策略家の金玉妍を演じる。

ワン・イェンリン

『オペレーション:レッド・シー』「楚喬伝 ~いばらに咲く花~<TV>」

ラン・インイン

『パシフィック・リム:アップライジング』

ワン・ユイティエン

『オペレーション:レッド・シー』

カルロス・チェン

『ハード・ナイト』『疾風スプリンター』

レスキュー映画:日本のアクション映画の定番

2020年にレスキュー映画が公開されたとき、日本の多くのアクション映画ファンはその魅惑的なプロットとストーリーテリングに驚かされました。命を救うために彼らの違いを克服しなければならなかった救助隊員の物語を中心に展開して、映画はその核心にアクション満載です。シーンには、誤って海に着陸したジェット旅客機、田舎の戦車の爆発、油田での生命を脅かす火災が含まれています。 

また、レスキュー映画を魅了するのはそのキャストです。エディ・ポンやシン・ジーレイなど、才能のある俳優や女優がこの映画を刺激的で魅力的なものにしました。だから、あなたがショーを見る必要がある理由を見つけることを計画しているなら、以下でそれらをチェックしてください:

主人公は好感が持てる

主人公でさえ誰も好感が持てない何かを見るのは疲れます。彼らの行動のほとんどは疑わしいので、あなたは彼らを応援する正当な理由を見つけることができません。映画はやがて見るのが面倒になるので、テレビを閉じて代わりに何か他のことをしなければなりません。

ただし、レスキュームービーには、愛することを学ぶヒーローが登場します。映画を通して、彼は彼の脆弱性とそれが本当に人間であることが何であるかを示すことを恐れていないので、彼は親しみやすいことがわかります。彼は途中で間違いを犯し、対立に遭遇しますが、それでも彼はそれらから何か良いものを確実に引き出すようにします。

その上、聴衆が本当に関係することができるのは、主人公が彼の決定をどのように行うかです。命を救い、愛する人を守り、それにもかかわらず生き残りたいという彼の願望は、あなたを映画に恋させるものです。

それは驚くべきスタントを持っています

アクション映画は驚異的なスタントなしでは完成しません。幸いなことに、レスキュームービーは、ハイステークスの状況の中でスリリングなスタントをしているキャラクターでいっぱいです。アクション満載のシーンが登場し始めたら、しっかりと握り、ポップコーンのボウルを膝の上に置いてください!

これは、映画が予算に関して何百万ドルも投資したことを意味します。爆発、高速道路からの車の旋回、空中アクションなしでは、本当に楽しむことはできません。寝る前にこの映画を見てください!

ユーモアは一流の

映画の夜で、あなたの愛する人と一緒に楽しむのは楽しいですが、どの映画を上映するかを知ることは本当の挑戦です。誰かを眠らせる可能性のあるスライスオブライフの映画を選ぶべきですか、それとも哲学的な映画はただ楽しみたいだけの友達にとって正しい選択ですか? 

何を見るべきかを議論する時間の半分を費やす代わりに、レスキュームービーですぐに楽しみを始めることができます。この映画は主にアクションシーンを特集していますが、そのユーモアは比類のないものです。おなかが痛くなるまでたくさんの会話があなたを笑わせることができます、そして彼らの機知に富んだワンライナーは注目に値します!